Treppengiebel ヨーロッパの街並みに佇む、輸入住宅のおうちづくり日記

    スポンサーサイト

    Posted by lilifee on --.-- スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    憧れのファロー&ボール

    Posted by lilifee on 11.2015 内装 0 comments 0 trackback
    今回ほとんどの部分をペイント仕上げにする中、どうしても使いたかった塗料の一つである、憧れのイギリス生まれの塗料、ファロー&ボール
    img_09.jpg

    ファロー&ボールとは、他のペイントとは比較にならないぐらいの天然顔料の含有率を誇る高品質の塗料で、ヨーロッパではお城などの歴史的建造物の修復にも使われている、とても歴史ある塗料。
    室内壁用ペイントは、揮発性有機化合物がゼロ。臭いがほとんどなく、日本の基準よりはるかに厳しいEU基準をクリアした最高ランクの安全性を保ちます。

    その他の特徴を、ホームページから抜粋すると・・・
    フランスやトルコなど、世界各国から選び抜かれた最高級の天然顔料を限界量まで使用し、製造された塗料や壁紙は他に類を見ない独特で繊細な風合いを持ち、豊富な樹脂と高い耐火性の成分に加え、最高級の天然顔料が限界量いっぱいまで含まれていることで、発色が良く、また奥行き深い、非常に柔らかな空間を作りだします。
    時代に流されず、受け継がれてきた伝統的な手法と情熱が、他には真似のできないこだわりの品質へと繋がっています。
    歴史的建造物や古文書から色を復刻した「ナショナルトラスト」や「アーカイヴ」のシリーズを開発したり、近年のユニークな展開と共に世界的な評判を獲得しています。
    01.jpg


    ということで、その品質は最高級ながら、お値段もまた最高級なので、さすがに全部の部屋に使うのは不可能ですが、せめて子供部屋の一部だけでも・・・
    まずは実物を見てみたいと思い、ファロー&ボールのペイントを取り扱っている、福岡市内のkifulさんへ。
    こちらでは、ショップスペースの一部分を実際にファロー&ボールの塗装仕上げにされています。
    033_11.jpg
    このカラーはかなりダークな色ですが、お店の雰囲気によくマッチしています。
    こちらで、いろいろ相談して、カラーサンプル等見せていただき、迷った挙句に最終的に決めた色が、こちらのストーンブルー。
    08_86.png
    深みのあるブルーに少しグレーがかったカラーです。
    使用する部屋のイメージによく合う、ヴィンテージ感のあるカラーではないかな、と。

    ホームページ上の、カラーチャートの仕上がりイメージはこんな感じです。
    107_100086_1.jpg
    光線の加減で、明るく見えたりダークに見えたりしますが、特に艶なしタイプは、照明の陰影が映える、他の塗料では到底出すことのできないとてもマットでチョーキーな雰囲気に仕上がるとのこと。
    一部だけしか使えないのは残念ですが、また後日、仕上がりの画像をアップしたいと思います。

    ☆よろしかったら、下のバナーをどちらかクリックして一票入れていただけると、とっても嬉しいです
    にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 インテリアブログ フレンチインテリアへ
    にほんブログ村






    過去記事の画像を修正しました

    Posted by lilifee on 09.2015 内装 0 comments 0 trackback
    このところ、もっぱらスマホで画像アップして記事を書いていて、久しぶりにパソコンで見てみてたら、最近書いた記事の画像がほとんど全部、とてつもない大きさで表示されていてびっくりしました!!(+o+)
    とてもまともに見ることができないような画像のオンパレードになっていて、申し訳ありませんでした~<(_ _)>

    とりあえず、一番最近書いた記事の書斎の画像を再度こちらにもアップ・・・
    20150918214113c1f_convert_20151009132543.jpg
    いまさらですが、この画像の他、表示がおかしかった分もすべて修正しましたので、よかったら遡って観ていただけたら嬉しいです。
    ☆よろしかったら、下のバナーをどちらかクリックして一票入れていただけると、とっても嬉しいです
    にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 インテリアブログ フレンチインテリアへ
    にほんブログ村

    トロンプ・ルイユの壁紙でハリーポッターな書斎に

    Posted by lilifee on 19.2015 壁紙、レンガ 2 comments 0 trackback
    セカンドリビングから繋がる書斎スペースの改装も完了しました。
    こちらは以前は地図柄の壁紙を使用していましたが、今回はハリーポッターの世界に近づけたくて、
    いろいろ考えた結果、こんな感じに。
    20150918214113c1f_convert_20151009132543.jpg
    ここも、6メートル強の吹き抜け空間になっているので、写真が上まで入りきりません💦
    上の方は
    20150918214040877_convert_20151009132646.jpg
    と、足元から頭上遥かまで一面の洋書に取り囲まれた雰囲気に。
    trompe l'oeil【トロンプ・ルイユ】とは、騙し絵のことで、こちらは国産のサンゲツのクロス。
    はじめは本棚柄で探して他の輸入壁紙にするつもりでしたが、数種類比較した結果、こちらが一番色も柄も洋書らしくリアル感も抜群だったので、この柄を採用しました。
    隣り合う壁の一面は、元からの紺色にシルバーの小さい模様が入ったクロス。
    20150918214152fd6_convert_20151009132601.jpg
    更にもう一面は、こちらも本来は同じ紺色クロスでしたが、この部分は壁を作り直して、元の紺色クロスがまたもや廃番のため、塗装仕上げにしました。
    201509182142337ed_convert_20151009132625.jpg

    塗装の色は、本棚の洋書の中の一冊、画像の上段右から4番目の本の表紙に色に合わせて、ブラウンに少し赤紫を混ぜて、更に白を足したようなくすんだ複雑なカラーに。
    例えていうと、しばらく放置された後の乾いたサツマイモの皮の色のような(笑)
    特に何も伝えてはいなかったのですが、壁紙の職人さんが張り終わった後に『ハリーポッターみたいですね』と 一言^ ^
    塗装の色も、『これあわせたんですか、合ってますね』と言って頂き、ご機嫌な私(笑)
    あとは、ハリーポッター風の照明を、と思いつつ、ん?ハリポタ風の照明ってどんなん?と現在悩んでいます(^_^;)

    ☆よろしかったら、下のバナーをどちらかクリックして一票入れていただけると、とっても嬉しいです
    にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 インテリアブログ フレンチインテリアへ
    にほんブログ村

    セカンドリビング(仮)の塗装仕上げ完了

    Posted by lilifee on 17.2015 内装 0 comments 0 trackback
    この部屋は、もともとはマスターベッドルームの予定でつくったのですが、結局現在は全く使用していない空間のため、暫定的にセカンドリビング(仮)という事にして…、その部屋の塗装が完了しました。
    2015091718174545b_convert_20151009132252.jpg
    光線の加減で若干色味が異なってみえますが、悩みに悩んで選んだブルーグリーン、私的にはとてもいい色になりました♪
    そして、チェアレールから下の部分も、なかなかいい色♪
    仕上がりを見た瞬間、あったか毛布だ!と思いました(笑)で、しばらくたった今は、ロイヤルミルクティーのような色だと思っています。←なんのこっちゃ(笑)
    というか、実は石膏ボードとトーンが似てるので、はじめ塗装がされてることに気づかなかったことは内緒ですw

    アップで↓
    20150917181835aaa_convert_20151009132314.jpg
    チェアレールは前からつけていたものを再利用。
    普通のモールディングと比べて彫りが深く陰影が美しくて気に入っていましたが、残念ながらこれも廃番のよう。
    対面にも付ける予定で追加するつもりでしたが、手持ち分では対面全体に対して微妙に長さが足りず、困惑してますorz

    ☆よろしかったら、下のバナーをどちらかクリックして一票入れていただけると、とっても嬉しいです
    にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 インテリアブログ フレンチインテリアへ
    にほんブログ村

    メダリオン周りの天井装飾 施工途中

    Posted by lilifee on 14.2015 モールディング 0 comments 0 trackback
    先日アップした、既存のシーリングメダリオンの周りに、アダム様式のデザインのオーナメントをつけて、更に周囲を装飾フレームで囲っています。
    2015091410014329c_convert_20151009132030.jpg

    そして、それを挟んで上下にも、デザイン違いの楕円形メダリオンと、アダム様式のオーナメントを取り付け中。
    20150914100211c22_convert_20151009132050.jpg

    足場があるためよく見えませんが、まだ取り付けは続きます。。。

    ☆よろしかったら、下のバナーをどちらかクリックして一票入れていただけると、とっても嬉しいです
    にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 インテリアブログ フレンチインテリアへ
    にほんブログ村
      

    プロフィール

    lilifee

    Author:lilifee
    Treppengiebelとは、中世ヨーロッパの建築様式で、階段状のギザギザ屋根のこと。
    以前住んでいたドイツの街並みを再現した輸入住宅です。
    現在、本格的な輸入装飾建材や輸入インテリア雑貨を扱うショップをOPEN。
    ホームページはこちら↓
    PA01143626.jpg
    アンティーク&輸入インテリア 
    Wie suess ヴィーズース

    検索BOX・タグ一覧

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    ブログ翻訳

    powered by 3ET
    powered by 電脳PC生活

    rain shininig

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。