Treppengiebel ヨーロッパの街並みに佇む、輸入住宅のおうちづくり日記 ピンクの外壁に真っ赤なバラ

    スポンサーサイト

    Posted by lilifee on --.-- スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ピンクの外壁に真っ赤なバラ

    Posted by lilifee on 16.2015 外観 0 comments 0 trackback
    ここ数年、バラに目覚めてあちこちのパラ園を見に行っているのですが、自宅のバラは考えすぎてなかなか植えられず・・・

    私の中では、バラといえばやっぱり真っ赤なバラがかっこいい!と、なぜか根拠なく勝手に思っていて、とりあえずずいぶん前に勢いで買ったバラが、この赤いつるバラ、アンクルウォルター。
    rrose.jpg
    ちゃんと植えてないので一輪のみ、しかもほとんど散りかけの状態であわてて撮影したため、花の形がよくわからないと思いますが、この品種は、昔ながらの剣弁高芯咲きという、おそらく誰しもがバラといえば真っ先に思い浮かべる、先のとがった形に咲くバラです。
    たぶんこの形は今はあんまり人気がない気がしますが、逆にクラシックと思えばこれはこれでありなのかな。

    ちなみに、この窓の向こうは畳敷きの和室だったりします。なんかミスマッチな感じw
    まあ、和室といってもシノワズリですが・・・。
    外壁がピンクなので、同系色のピンクよりも赤のほうがはっきりしていいかな、と思いますがいかがでしょうか。
    でもでも、かわいらしいピンクのバラもやっぱり好き。
    中でも、単色のピンクではなくて、うつろい感のあるカラーのバラがすっごく好みで、気づいたら、なんだかおんなじような色の苗がいっぱいに・・・(^_^;)
    そんなおんなじようなバラの中でも、お気に入りのこの子がひっそりと一輪だけ咲いていたので、またパシャリ。
    abrose.jpg
    こちらもつるバラの、アブラハムダービーという品種です。
    この、ピンクとイエローが混ざったような、何とも言えないカラーがLOVE♡
    アプリコットカラーというみたいです。
    そして、咲き方も今はやり?のロゼット咲。コロン、としていて、とってもかわいらしい咲き方です。
    夢のローズガーデン目指して神庭って植えなくちゃ!!と思いつつ、なかなか進みませんが、今度こそほんとに植えないと(~_~;)

    ☆よろしかったら、下のバナーをどちらかクリックして一票入れていただけると、とっても嬉しいです
    にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 インテリアブログ フレンチインテリアへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト


    • 管理者にだけ表示を許可する

    trackbackURL:http://lilifee.blog34.fc2.com/tb.php/259-a8a592fb

    プロフィール

    lilifee

    Author:lilifee
    Treppengiebelとは、中世ヨーロッパの建築様式で、階段状のギザギザ屋根のこと。
    以前住んでいたドイツの街並みを再現した輸入住宅です。
    現在、本格的な輸入装飾建材や輸入インテリア雑貨を扱うショップをOPEN。
    ホームページはこちら↓
    PA01143626.jpg
    アンティーク&輸入インテリア 
    Wie suess ヴィーズース

    検索BOX・タグ一覧

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    ブログ翻訳

    powered by 3ET
    powered by 電脳PC生活

    rain shininig

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。