Treppengiebel ヨーロッパの街並みに佇む、輸入住宅のおうちづくり日記 壁紙、レンガ

    スポンサーサイト

    Posted by lilifee on --.-- スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    トロンプ・ルイユの壁紙でハリーポッターな書斎に

    Posted by lilifee on 19.2015 壁紙、レンガ 2 comments 0 trackback
    セカンドリビングから繋がる書斎スペースの改装も完了しました。
    こちらは以前は地図柄の壁紙を使用していましたが、今回はハリーポッターの世界に近づけたくて、
    いろいろ考えた結果、こんな感じに。
    20150918214113c1f_convert_20151009132543.jpg
    ここも、6メートル強の吹き抜け空間になっているので、写真が上まで入りきりません💦
    上の方は
    20150918214040877_convert_20151009132646.jpg
    と、足元から頭上遥かまで一面の洋書に取り囲まれた雰囲気に。
    trompe l'oeil【トロンプ・ルイユ】とは、騙し絵のことで、こちらは国産のサンゲツのクロス。
    はじめは本棚柄で探して他の輸入壁紙にするつもりでしたが、数種類比較した結果、こちらが一番色も柄も洋書らしくリアル感も抜群だったので、この柄を採用しました。
    隣り合う壁の一面は、元からの紺色にシルバーの小さい模様が入ったクロス。
    20150918214152fd6_convert_20151009132601.jpg
    更にもう一面は、こちらも本来は同じ紺色クロスでしたが、この部分は壁を作り直して、元の紺色クロスがまたもや廃番のため、塗装仕上げにしました。
    201509182142337ed_convert_20151009132625.jpg

    塗装の色は、本棚の洋書の中の一冊、画像の上段右から4番目の本の表紙に色に合わせて、ブラウンに少し赤紫を混ぜて、更に白を足したようなくすんだ複雑なカラーに。
    例えていうと、しばらく放置された後の乾いたサツマイモの皮の色のような(笑)
    特に何も伝えてはいなかったのですが、壁紙の職人さんが張り終わった後に『ハリーポッターみたいですね』と 一言^ ^
    塗装の色も、『これあわせたんですか、合ってますね』と言って頂き、ご機嫌な私(笑)
    あとは、ハリーポッター風の照明を、と思いつつ、ん?ハリポタ風の照明ってどんなん?と現在悩んでいます(^_^;)

    ☆よろしかったら、下のバナーをどちらかクリックして一票入れていただけると、とっても嬉しいです
    にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 インテリアブログ フレンチインテリアへ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    廃番になったお気に入りの壁紙

    Posted by lilifee on 07.2015 壁紙、レンガ 2 comments 0 trackback
    こちらは改装前に使用していた壁紙。
    チェアレールから上は、ベージュの地色にアールヌーボー柄が入ったタイプで、下部分は、濃いパープルの無地ですが、壁紙自体がダイヤ柄に立体感がある個性的なタイプ。

    どちらも国産で、パープルの方はサンゲツ、アールヌーボー柄は、はっきり記憶がないのですが、たぶんシンコールかトキハかルノン…。
    このあたりのメーカーは、サンゲツやリリカラほどメジャーではない気がしますが、結構個性的な柄が多くて、私的にはなかなかストライクなのが多いです。
    どちらも気に入っていたのですが、改装の時点ですでに廃番のため、今回はこの部分を、ガラリと雰囲気を変えて塗装仕上げにします。

    ☆よろしかったら、下のバナーをどちらかクリックして一票入れていただけると、とっても嬉しいです
    にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 インテリアブログ フレンチインテリアへ
    にほんブログ村


    改装で残した輸入壁紙とボーダートリム

    Posted by lilifee on 22.2015 壁紙、レンガ 0 comments 0 trackback
    改装の時に残した部分の輸入壁紙は、このローズ柄と、このボーダートリム
    CIMG1635_convert_20150822073005.jpg
    どっちもバラの部分が結構大きくて迫力があります。
    壁紙のバックは、きれいめなベージュに、ホワイトの繊細なレース柄が入っていて、これがまた私的に好み♡
    ちなみに、どっちも残念ながら今は廃番になっちゃいましたが、壁紙の方は、バラがもう少し小さくなってリニューアルされた物が4色くらい出ています。色によって、バックのレースはあったりなかったりですが・・・。
    バラが小さくなったのは、いろいろと合わせやすくなっていいと思いますが、バックのレースがなくなってしまったのはちょっと残念。。。

    そして、ボーダートリムの方は現在完全に廃番orz
    このトリムは、吹き抜けの一番上、塔部分にぐるっと回しました。
    CIMG1639_convert_20150822073531.jpg
    天井部分も、ちっちゃなバラ柄(笑)
    どんだけバラが好きやねんっていう・・・あ、でも、ここはほとんどつぼみのバラでとっても小粒ちゃん・・・ってそういう話じゃないかw

    少し遠くから・・・
    CIMG1637_convert_20150822073504.jpg
    吹き抜け天井でかなり高いので、見上げた時に綺麗に見えるように、結構大ぶりなごっつめのメダリオンをつけてます。
    最初は大きすぎるかな、と思いましたが、付けてみたらそうでもない感じ。
    この画像は、改装前の分なので、今現在は、またシャンデリアの位置を変更したり、いろいろ壁面装飾を追加したりして、また少し様変わりしています。
    画像に写っていませんが、この左右の壁面に、先日のローラアシュレイの壁紙を新しく貼っています。

    現在の様子は、またそのうちに。。。

    ☆よろしかったら、下のバナーをどちらかクリックして一票入れていただけると、とっても嬉しいです
    にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 インテリアブログ フレンチインテリアへ
    にほんブログ村

    輸入壁紙でニッチ内部にアクセント~書斎~

    Posted by lilifee on 25.2012 壁紙、レンガ 2 comments 0 trackback
    びっくりなことに、リニューアルします、と張り切った途端、インフルエンザで倒れてしまいました
    はじめはたいしたことなかったんで、きっと風邪だよなーとタカをくくっていたら、結局寝込んでしまい・・・
    ようやく何とか復活、できそうです。
    がしかし、デジカメもおかしくなってしまって、踏んだりけったり・・・
    そんなこんなで、以前撮ってあった画像を。。。

    MBR(マスターベッドルーム)から繋がっている書斎部分にニッチ風の棚を作ったのですが、その内部に
    輸入壁紙でアクセントをつけました。

    new 249

    部屋の画像が暗くて分かりにくいですが、使用したのはこの壁紙。
    35048191.jpg
    これは、ヨーロッパの地図と建物が描かれているとても個性的な壁紙。
    国産壁紙と違い、個性を強く主張する柄なので、部屋全体に張ると重くなりすぎるため、こんな感じでアクセントとして使うと、とても引き立ちます。
    バックの暗い部分にも、ヨーロッパの街区が精巧に描かれています。
    全体的に男性的な雰囲気が漂い、とってもかっこいい感じです。
    new 252

    new 253

    こんな感じのアクセント使いだったら、輸入壁紙は勇気がいるなぁと思っている方でも、とても気軽に取り入れられるのでお勧めです。

    ちなみに、ここには落下防止にバーを渡してボトルを並べて、LEDテープライトでライトアップしようとたくらんでいます。
    何のボトルか、は、ご想像にお任せするとしてWWW

    ※こちらの輸入壁紙は当ショップで扱っていますが、廃番となってしまったため、このカラーは既にsold outしています。他のカラーの在庫はお問い合わせ下さい。
    ショップページはブログ左上から。またはこちらからどうぞ→アンティーク&輸入インテリア ヴィーズース

    ↓よろしかったら応援クリックいただけると、とっても嬉しいです
    にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
    にほんブログ村



    輸入クロスならでは、なパウダールーム

    Posted by lilifee on 15.2011 壁紙、レンガ 12 comments 0 trackback
    うちの場合、「シンプル?なにそれおいしいの?」状態でどこもかしこもいろいろとうるさいんですが、もしかしたらそんな中でも一番派手というかゴージャス&ラグジュアリー(ボキャブラリー貧困ですみません)な空間が、このパウダールームかも。。。
    というのも、もともとはモリスの壁紙を使う予定だったのですが、(過去記事はこちら)どうしても使いたい輸入クロスが出てきてしまい、それならパウダールームがもともと予定していたカラーと同じだし、居室と違って狭く、滞在時間も短いから、思いっきり非日常な空間を演出してしまってもいいかも、と変更になりました。(かわりにモリスのは一部パントリーに使っています)
    輸入クロスの魅力は、何と言っても国産にはない色使いとデザインの美しさ
    このゴージャス&ラグジュアリー感は、そんな輸入クロスならではで、扉を開けると、鮮やかな赤が目に飛び込んできて、ここだけ別世界です。
    new 022
    あ、いまだにスイッチプレートつけてないのがバレバレだった(汗)
    いつも部屋全体の照明をつけるので、ここはほとんど触らないから放置プレイ中でした。
    早くつけなければ・・・。
    new 023

    洗面ボウルをコーラーの柄ものにしてるので、普通ならここは無難に無地のクロスを持ってくるところだと思いますが、あえて柄on柄に果敢に挑む向こう見ずな勇者がlilifee流です←え?見事玉砕してるって?www
    そのかわり、カーテンは無地で両者を引き立たせるように・・・って、まだカーテンつけてませんけどね
    左側にもずっとカウンターが続いているんですが、写らないようにしてるのは、もちろん?お察しのとおりそこにめっちゃ物が散乱しているから
    輸入クロスって、高い!っていうイメージが強いかと思いますが、もちろん種類にもよりますが、こちらは1ロール4000円前後だったと思います。
    また、部屋全体に使うのではなく、こんな感じで一面だけアクセントとして使用する場合は、たった1ロールで足りたりしますので、貼り手間賃等考えても見た目のゴージャス感からは想像できないくらい、意外とお安く仕上げることもできたりします。
    ショップではこんなゴージャス感のあるタイプから、かわいらしいバラ柄、子供用のポップな柄など、いろいろセレクトしていく予定ですので、どうぞお楽しみに。。。
    また、画像に写っているその他のアンティークのオパーリンランプシェードや、真っ赤なシャンデリア、デルタの水栓なども、後日ゆっくりUPしていきたいと思います。
    ↓よろしかったら応援クリックいただけると、とっても嬉しいです
    にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(施主)へ
    にほんブログ村
      

    プロフィール

    lilifee

    Author:lilifee
    Treppengiebelとは、中世ヨーロッパの建築様式で、階段状のギザギザ屋根のこと。
    以前住んでいたドイツの街並みを再現した輸入住宅です。
    現在、本格的な輸入装飾建材や輸入インテリア雑貨を扱うショップをOPEN。
    ホームページはこちら↓
    PA01143626.jpg
    アンティーク&輸入インテリア 
    Wie suess ヴィーズース

    検索BOX・タグ一覧

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    ブログ翻訳

    powered by 3ET
    powered by 電脳PC生活

    rain shininig

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。